ほぼノンちゃんとの日々、ときどき編みもの


by nonmama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:香港 2007( 9 )

2008年1月1日

08:45のフライトのため、朝5時半のリムジンで空港へ向かう。

スーツケースの重さは30kg。

お隣りさんはオモチャ屋さんを無理矢理開けさせて、飛行機を2機お買い上げ。

われわれ、どんだけ中華好きなのか?
朝っぱらから、マキシムで飲茶を食べれるくらい。
軽めに4品にとどめる。
周りのテーブルでは、ブタのぶつ切りやら、春巻きやら、朝とは思えぬガッツリぶり。
われわれも、まだまだだな。


c0084394_2010489.jpg


さよなら、香港。
多分、また、近いうちに来ると思うよ。
ねっ?
[PR]
by y_mtmr | 2008-01-01 15:08 | 香港 2007

2007年12月31日 その②

ホテルに戻り、ちょっと休憩。
その後、また街に繰り出す。
ペニンシュラの中を通ったら、着々とカウントダウン用の飾り付けがされていた。

c0084394_18443282.jpg

きっと宿泊客はドレスアップしてテーブルにつくんだろうね。

Ocean Cityに、撮影コーナーみたいな場所があって、これでもかってくらい
ギラギラにデコレーションされていた。香港というか中国人のこういう
何でも大げさにし過ぎるところ、嫌いじゃないけどね…。

c0084394_191968.jpg


最後の晩餐は、お隣りさんがセレクトしたお店、マルコポーロホテルに
入っている『ye shanghai』へ。
X'mas & New year's celebration menu というコースをいただきました。
大晦日は家族でお食事っていうのが多いのかな?
周りを見るとみんな家族で私たちと同じコースを食べていた。
ここのお料理は全てお上品なお味。全てがおいしかった。
お店の雰囲気も、食器類もシックでとても素敵なのに、
何故かテレサテンのようなド演歌が流れていた〜(涙)
音楽は重要だよね?

夕方から道路が封鎖されて、私たちのホテルの周りもNathan Roadも
その周辺も全て歩行者天国。
Nathan Road の真ん中をのんびり歩けるなんて、車の音がしないなんて
すご〜く不思議な気分だった。ちょっとだけ静かな香港。

最後のデザートは、『甜蜜蜜』
このお店は、高校生ぐらいの子供たちばっかり。
メニューもグラタンやおでんラーメン(おでんの中にインスタントラーメンが入ってた)や
スペアリブやパンケーキやピラフと言ったかなりB級グルメという感じ。
ちょっとセレクトミスか…と弱気になりつつ私たちが選んだデザートは、

c0084394_19163950.jpg


またまたマンゴーマンゴーマンゴー!!
あれっ? 何かが口に当たる‥、ムムっ、何だろう?このプチプチ感。
タピオカじゃないの、もう少し大きくてゼリーっぽい。人工的な味。
乾燥剤のような。
その得体の知れないプチプチがめっちゃ入ってて、だんだん気分が悪く‥。
だってそのプチプチ、味しないんだも〜ん!
ちょっと不満を残しつつ撤収。

最後の亀サマ@『海天堂』
このお店は「香港Navi」の亀ゼリー食べ比べで堂々2位だったとこ。

c0084394_1934690.jpg

HK$50-とちょっとお高いけれど、あれれ、いけるぞぉ!
味が薄くて、食べたあとにスースーしないからいいのかも。
初めて完食できた!!

でもね、数十メートル先に1位のお店があったの‥。
そっちも気になるけど、もう、もう、さすがに食べられないね。

さっ、11時47分からのカウントダウンに備えて海側へ移動しなくちゃ。
隅田川の花火大会みたいだ。
混んでて、道は一方通行だし、おまわりさんがたくさん出てるし。
この人たち、いったい何時からスタンばってるのかしら?

c0084394_19445517.jpg


とにかくね、すごく明るいの。クラクラするぐらい。
日本じゃ考えられないけど、ビルから花火を打ち上げるんだよ。
カウントダウンはビルの真横から花火があがるの。香港はすごいとこだよ。
あっという間の出来事で、気がついたら年が明けてました。
楽しかった〜。
[PR]
by y_mtmr | 2007-12-31 23:40 | 香港 2007

2007年12月31日 その①

Pacific Coffeeでコーヒーを飲んだら、さっそく行動開始。

まずは上環にある『安記海味有限公司』へGo。
上環の駅を出た途端、本当に漢方っぽい匂いがした。
安記は立派な店構えで、商品も他の店に比べたらやや高め。
干し貝柱は北海道産が最高級品、干しシイタケも日本産が最高級品。
でもおうちで使うだけだし、最高級である必要は全くないので干し貝柱は大連産、
シイタケはパスして、干し海老をどっさり購入した。

次に『林奇苑茶行』へ。
今まで全くノーマークだった「白茶」を試飲させてもらったら、薄くてほんのり甘みが
あり、飲んだことないタイプのお茶だったので300g購入。

『H&M』もずいぶん混んでたねぇ。何事?ってくらい若者が集まっていたね。

Queen's Roadをひたすら歩いていたら、行ってみたかったお粥屋さん発見。
お腹も空いたし、ちょこっと並んで入ってみる。
『羅富記粥麺専家』
c0084394_1922238.jpg

ビーフ&ピータンのお粥
味がしっかり付いていておいしかった。

c0084394_19271639.jpg

この辺は八百屋さんが多かったな。

c0084394_1929451.jpg

細くて、ごちゃごちゃしてる道をずんずん歩いていたら、『九龍醤園』を発見!!
ここのごま油がおいしいとネットでチェックしてたので、さっそくお店の中へ。
1917年からの老舗店らしい。お醤油がメインでお漬け物やショウガ、梅干し、
油などが売っているお店。
ごま油とゴマペーストを購入。

c0084394_19373982.jpg


カウントダウンに備えて、一度ホテルに戻る。
[PR]
by y_mtmr | 2007-12-31 18:09 | 香港 2007

2007年12月30日 その③

7時過ぎにいったんホテルへ戻り、しばし休憩。
机の上に、大晦日の交通情報についてのレターとナショナルジオグラフィックが
置いてあった。大好きな本なのでありがたく頂戴する。

今晩から急激に冷え込むとニュースでもやっていた通り、なんだか香港とは思えない程
寒い。

クタクタの体を引きずりながら夕ご飯を食べに街に繰り出しました。
またまた、やって来ちゃったのがチムサチョイの『太湖海鮮城』。
お店に入ると、「あっ、あのおばちゃん去年もいたよね?」ってな具合に、
個性的で、やたらと愛想のいい店員さんが居至れり尽くせりでお世話してくれる。

c0084394_17175028.jpg

ワンタンスープ

c0084394_1719317.jpg

蟹の身がたくさん入ってて、レタスに包んで食べる

c0084394_17214480.jpg

生姜入り白身魚のあんかけ炒飯 

c0084394_17231271.jpg

クリスピー海老団子とロブスターの土鍋仕立て

このお店は、毎年「香港料理大賞」で賞をとってるだけあって本当に何を食べても
おいしい。個人的にはCauseway Bay店よりもチムサチョイ店の方がおいしいと
思う。ここの炒飯だけは毎日毎日飽きるまで食べてみたいなぁ〜。


もう夜中の12時近くなのに、今日の〆、デザートを食べる。

c0084394_17313512.jpg

マンゴープリンwithミックスフルーツ
c0084394_1732451.jpg

マンゴープリンinマンゴージュースwithエクストラマンゴー(すごい名前!)
(アイスの下にプリンも入ってんだよ)


外も寒いし、店内もエアコンがガンガンに効いてて、ヒジョーにさぶいっ!!
にも関わらず、今日は二人してマンゴー系のデザート頼んでしまう。
千疋屋で頼んだらウン千円しそうだけど、これは両方ともHK$30-。
ありがたいねぇ。

すっかり冷えきって、すっとんでホテルに戻ったよ。

*今日は亀ゼリー食べてません。
[PR]
by y_mtmr | 2007-12-30 23:51 | 香港 2007

2007年12月30日 その②

2階は、陶器屋やお茶全般を取り扱うお店が集まっている。

『佳怡茶坊』は、お店のお姉さんが日本語堪能で細かく説明をしてくれる。
欲しいお茶は決まっていたので試飲をしてすぐに決める。

c0084394_22555645.jpg

安溪鉄観音の清香と濃香を買った。

『雅怡堂』は、景徳鎮や骨董品も扱う陶器屋さん。
ここは商品が揃っていて、どれもこれも欲しいものだらけだった。
とくに手書きの茶器はよく出来ていた。
お店のお姉さんは英語がわからず、お互いに気まずくてお茶ばかり飲んでいた。

c0084394_2354040.jpg


c0084394_2314233.jpg


c0084394_2315139.jpg


お店の名前がわからないのだけど、急須や置き物を扱ってるお店。
このビルに入ってるどのお茶屋さんもこのお店の置き物を
お茶セットの中に置いていて、すごく気になっていた。
あるお店で、「これは何?」って聞いたんだけど、「ブタ」とか「カメ」って言うだけで、どんな意味があるのかわからない。
香港のお茶屋さんでも台湾でも上海でも、このようなスタイルは見なかったから
この「三島中心」だけに流行ってるものなのかな??
お店のお兄さんはめっちゃぶっきらぼうで、話掛ける隙を与えてくれなそうな雰囲気を全身でアピールしてるので、聞けそうもない。
でもなんだかビビビってきちゃったから、連れて帰ることにする。

c0084394_23181979.jpg


c0084394_23272424.jpg

うちのお茶セットは台湾で買った小さいサイズなので、せいぜい二人しか乗せられない。
順番ね。

後ろ髪引かれながら、三島中心を後にして、お昼ご飯を食べ、最後にLo Wu Shopping Centerを覗いてみる。
そこは、もうなんと言うか、パチもん天国とでも言おうか、全ての商品が持って帰れないようなものばかり。
PSP、DS、Wiiに似ているもの、apple製品に似ているもの、靴もバッグも時計も全てがそっくりさん。買い物してる人は知ってて買うのかしら?
恐るべし中国。

帰りの出入国手続きも電車も激混み。
スーツケースを持ってたり、小さい子供を連れてぎゅうぎゅうの電車に乗り込むなんて、大ひんしゅく買いそうだけど中国では当たり前なのです。
「それが何か?」って感じなんだろうね。
たくましいなぁ。
[PR]
by y_mtmr | 2007-12-30 22:57 | 香港 2007

2007年12月30日 その①

だんだん寒くなってくる。今朝は曇っているから特に寒い。
年末のせいか観光客が増えて来た感じ。
ホテルの下にあるPacific Coffeeは観光客でいっぱい。

今日は、ちょっと足を延ばして深圳に行くことにする。
チムサチョイイーストからLo Wuまで一等席利用で往復HK$150-。
使ってるオクトパスカードにチャージしてくれるし、すごく便利。
c0084394_2153798.jpg

一等席の車内はとてもきれい、ただ一等席にもかかわらず広告っぽい車内放送が
ずっとかかっていて驚いた。
香港は決してそっとしておいてくれない。
(後でわかったんだけど、quiet seatがあったみたい‥、それもすごいよね。)

40分ほどで到着。
出入国手続きがちゃんとあって、それが1時間ぐらいかかってしまった。
この時期は香港人及び香港在住の外国人がこぞって深圳に買い出しに出かける模様。
みなさん、でっかいスーツケースを引っ張っていた。(何をそんなに買うの?)

駅前に出ると途端に人、人、人。人の多さに驚く。
バスも車の多さにも圧倒される。
一番怖かったのは、横断歩道を歩いてても車もバスもスピードを全然落とさないこと。
中国って、自動車優先だったっけ?

c0084394_21165513.jpg


思ってたより街はきれいで、近代的な建物が多かった。

c0084394_2118733.jpg


でもね大通りよりも、一本裏手や脇道を見つけて歩く方が断然楽しい。

c0084394_21215679.jpg


鏡餅の上に載せるような葉っぱの付いたみかんを売ってる人、
サトウキビを齧ってるおじさん
とか

c0084394_21243315.jpg


ちょうどお昼ご飯の時間、お店の前で土鍋でご飯を炊いてました。
ご飯の上にはお肉炒めやあんかけをのっけてて、すご〜くおいしそうだった。

それはそうと、今回の旅で後悔したもの、その1。
この土鍋が金物屋で5元(約75円)で売ってて、どうしてもどうしても欲しかった。
取っ手が付いてて使いやすそうだし、なんてったって75円ですもの!!
でもね、お隣りさん猛反対のため、泣く泣く断念したのだ。
(未だに引きずってるよ…)

気を取り直して、「三島中心」へ。
このビルにはお茶問屋が入ってて、香港よりも断然お安いので今回はお茶は深圳で、
と我慢してたのです。

不思議な光景です、だってね、1フロア全てのお店がプーアール茶ばかり売ってる
んだよ。
しかも問屋さんだからお客さんもいないし、客引きもないし。

プーアール茶は今までずっと避けてきました。(ホコリっぽい味がして)
でも本当のプーアール茶は甘くてまろやかな味らしく、
ワインのようにその年の気候によってお茶の出来不出来が全く違うらしい。
ビンテージや当たり年の物は何十万、何百万とするんだって。
私のお茶の基準は「毎日ガブガブ飲む」だから、高級なお茶は必要ないけれど、
ホコリっぽくない、まろやかな味のプーアール茶を飲んでみたかった。

向かった先は、『石頭茶典』
何種類かお手頃な価格のお茶を試飲させてもらったら、今まで飲んでたプーアールは
本当に粗悪だったんだ〜って実感。
それはまろやかで、後味がすっきりしていてとてもおいしかった。
お店のお姉さんは英語が全く話せないのだけれど、なんとか希望通りのお茶を買うことができました。

c0084394_22221794.jpg

2004年のお茶とナイフ。
[PR]
by y_mtmr | 2007-12-30 20:54 | 香港 2007

2007年12月29日

今日は、チェックしていたお店に片っ端から行ってみることにする。
まずは、中環エリアにある食材屋「BON BON BON」へ行くも、
ビル自体が改装中で入れず。

気を取り直して、「春生貿易行」へ。ここはリネンを扱う問屋さん。
c0084394_1614130.jpg

梱包されたままの商品が壁一面に積み上げられて、腰の高さまである商品の山から
手を突っ込んで掘り出すと、ランチョンやらナプキンやらテーブルクロスなどが
ザックザック出てくる感じ。クリスマス用やお正月用、結婚式用などのテーブルウェア
も数多く揃っていた。
すでに3割引の値段だからと一切値引きしてくれなかったけど、
刺繍が丁寧に施されている巾着やランチョン、ナプキンをたくさん買った。

次の目的地はハッピーバレー。ここは競馬場があるところ。
中環からトラムに乗って15分ぐらい。
このトラムがリモアだったり、アランミクリやMINIだったりして可愛いのだ。
これは、SHANGHAI TANG塗装だったね。

c0084394_16393294.jpg
c0084394_16464878.jpg


『正斗粥麺専家』は雲呑麺で有名な老舗店だそう。さっそく食べてみる。

c0084394_16511616.jpg

朝から何も食べてないとはいえ、かなりガッツリいただきました。
雲呑麺はちょっとしょっぱいけど、海老の出汁が利いてておいしゅうございました。
こういう相席に座ると、現地の人が何を食べてるのか気になるよね?
出来れば一口食べさせて欲しい。

ささっ、本日もあれをとっとと食べてしまわなければ…と思いつつ、
ちゃんと調べておいた『唐寅茶寮』で本日の亀サマをいただく。

c0084394_16574298.jpg

ここはスタンドのみのお店。漢方茶や豆腐花もあった。
亀ゼリーHK$25-なり。苦みは少なく、たっぷりシロップをかけてくれたので
昨日の許留山のものよりずっと食べやすい。ただ、とても量が多いのだよ。
生まれてこのかた、これほどの量のゼリーを一度に食べたことないってくらいの
半端なさ。またまた完食できず…(涙)

食べ物の話ばかりだけど、次は『満屋甜品』でデザートを。
c0084394_178598.jpg

お隣りさんは今日もマンゴー系。(まったく能がないねぇ)
私は、 sesame paste with almond soupのホット。ここでもややチャレンジング。
薄甘くて、何とも優しいお味でした。(白玉入れたい感じ)

その後、Causeway Bay や中環辺りを散策し、ショッピングモールを見て回り、
雑貨屋『GOD 』やお茶屋『明茶房』(ブレンド茶が多いんだもん)に入るも
いまひとつピンとこなかった。


c0084394_17194655.jpg

ペニンシュラホテルのイルミネーション

c0084394_17202033.jpg

夜はイルミネーションを見ながら、スターフェリーに乗ったり、ボードウォークを
散歩したり。(実は結構寒かったりして)
[PR]
by y_mtmr | 2007-12-29 16:03 | 香港 2007

2007年12月28日

去年の5月以来の香港。
道行く人の大きな声や、地下鉄のエスカレーターの速さ、並ばず横入りする人たち、
車内や歩きながらの携帯使う人の多さ…だんだんよみがえってくる。

c0084394_21291369.jpg

クリスマスが過ぎても、ツリーやデコレーションは新年が明けるまで片付けないんだね。
日本では慌てて25日には片しちゃうでしょ?
あれってちょっと寂しいよね。
ペニンシュラも上品に飾り付けされてました。

さてさて、お腹ペコペコの二人が最初に行ったお店は、『王子飯店』。
c0084394_21344148.jpg

正直に言うと、お味はまあまあかな。
でもね、エッグタルトとマンゴーのデザートはすっごくおいしかった。


次はお買い物。
割れてしまった食器の補充のため、『裕華國貨』へ。
c0084394_21403469.jpg
dynastyはいつ行ってもちゃんと置いてあって安心。



c0084394_2140582.jpg
すべての商品が15%OFFになっていた。ついでに買った小さいお皿は、
ピンクが一枚150円、小さい方が75円くらい。
そんなに安いのに、買うかどうかさんざん迷ってしまった…。(貧乏性なの?)




c0084394_21563854.jpg
夕食を食べて、デザート屋の『許留山』へ。
ここで、今回の旅のテーマ『Deepな香港』が登場。
その課題とは、毎日亀ゼリーを食べること!!
亀ゼリーは便秘や肌荒れに効果があるみたいだから旅行中にはもってこい!
許留山の亀ゼリーはHK$33-、初めてなのでホットにしてみた。
結果 →→→ かなり厳しい戦いだった…。シロップが全然甘くなくて完食できず。
どんな味かと聞かれれば、葛根湯を煮詰めたような匂いと味で、
しかも喉を通り過ぎるとミントのようなスースーした感じ。
もちろん亀の味はしない。(知ってるのか??)
でもね、若者もデザート屋さんで普通に注文して食べてるんだよ。
どんな気分な時に亀サマに行くんだろか???




c0084394_22124142.jpg
今回の旅でたびたびお世話になっていた、カステラボール。
(そんな名前ではないはずだけど)
甘みの付いていない生地がカリカリに焼いてあって、1枚HK$10。
アツアツでも冷めてもおいしくて、お店を見つけては買いに走ってた。
こういう露店の食べ物、大好きなんだよなぁ〜。
[PR]
by y_mtmr | 2007-12-28 21:25 | 香港 2007

2007年12月27日

香港へは4回目になるので、ただおいしいものを食べるだけじゃいや、
ショッピングモールもcity superも何だか物足りないってことで、
今回の私の旅のテーマは『Deepな香港を』、
お隣りさんに至っては、『ワンランク上の旅を提供する』(ホンマかいな?)

さてさて、どうなることやら。

夕方の便で、香港へ。
c0084394_20452363.jpg


c0084394_20464085.jpg
機内食は好きじゃないので、到着後すぐにドーナツをパクついた。
味は日本と変わらず。
香港限定のものがいくつかあったかな。
[PR]
by y_mtmr | 2007-12-27 20:50 | 香港 2007